• イベント情報
  • イベントレポート
  • お申込み

イベント情報

多摩の歴史古道を歩く 多摩丘陵の高地性“縄文遺跡”と古街道

投稿日:2018年11月01日
多摩丘陵は日本の一大縄文遺跡群を有する地域です。当時の人々は、眺望の良い丘の頂上にまで住み、また祭祀場も設けていた可能性があります。歴史が重層的に重なる綾部原や小野路別所・黒川堺を散策します。昼食は多彩なメニューから選べるゼルビア・キッチンでいただきます。
鶴川駅→野津田バス車庫下車〜華厳院坂の鎌倉古道〜上の原〜焼部〜ゼルビア・キッチン(昼食)〜綾部原〜下堤〜S字を描く古街道〜三社大権現(富士見塚古墳)〜布田道〜小野路別所バス停→多摩センター駅(5㎞)
イベント番号
T6873
開催日時
平成30年12月18日(火)9:30~15:00
会場・集合
小田急線鶴川駅北口改札前
講師
歴史古街道研究家 宮田 太郎
参加費
会員3,000円、会員外4,000円(昼食代含まず)
定員
25名
その他
昼食は飲食店利用の自由食/イヤホンガイド付/路線バス代別途 ※荒天中止
PageTop
削除
多摩の歴史古道を歩く 多摩丘陵の高地性“縄文遺跡”と古街道