• イベント情報
  • イベントレポート
  • お申込み

イベント情報

多摩の歴史古道を歩く 八王子の未知なる歴史“大和田”の謎

投稿日:2017年02月01日
江戸時代に家康の命令で、総代官・大久保長安によって造られたことに始まる現在の八王子中心地。それは、浅川の船津と甲州街道をセットにして始まったものなのか。多賀神社、日枝神社、六社宮など、浅川まで長い参道を真っ直ぐに伸ばす不思議や、“和田”地名が持つ奥深い意味など、見えなかった八王子の歴史ロマンに触れる。
北野駅~打越古道~長沼公園~霧降の道~六社宮~昼食~浅川の長沼橋~日野市平山の河津跡(?)~大和田日枝神社~大和田坂下バス停(解散)(約5km)
イベント番号
T6567
開催日時
平成29年3月14日(火) 9:45~15:45
会場・集合
京王線北野駅改札前
講師
古街道研究家 宮田 太郎
参加費
会員3,000円、会員外4,000円
定員
25名
その他
昼食は自由食(飲食店利用)/イヤホンガイド付き/路線バス代別途 ※荒天中止
PageTop
<?=$this->translate->_('削除')?>
多摩の歴史古道を歩く 八王子の未知なる歴史“大和田”の謎