• イベント情報
  • イベントレポート
  • お申込み

イベント情報

11月17日(木)、月1回の趣味講座を昭島のフォレスト・イン昭和館で開催しました。
今回は「ホワイト&シルバークリスマスリース」作り。とてもお天気が良く、暖かい日でした。 


まだ街中はクリスマスの雰囲気ではないですが、ホテルのお部屋はひと足早いクリスマスです。

講師は、センスが良く素敵な田辺 貴優先生。AFD協会代表校 Leaf Greenの主宰をしていらっしゃいます。


材料とレシピはこちら。
  

まず、雪がかかっているような白いラタンリース、上下を決めます。
そして、プリザーブドフラワーの白いバラを開花させます。小さいバラが大きくなりました。


次に材料をアレンジします。
いつもは、材料ひとつひとつにワイヤーワークしますが、今回は先生が事前に用意して下さいました。
八角やシナモンなどはとても良い香りがして癒されます。
皆さん時間をかけてアレンジを考えていらっしゃいました。

最後にキラキラリボンを付けて出来上がり。


そして、お待ちかねの昭和館のクリスマス特別ランチをいただきました。
  


ひと足早いクリスマス気分を素敵なリースとお料理で味わいました。
皆様も素敵なクリスマスをお迎えください。

※来月のフォレスト・イン昭和館のイベントはこちら☆☆☆

※田辺貴優先生のホームページはこちら☆☆☆








奥多摩氷川渓谷で紅葉散策

投稿日:2016年11月09日
11月8日(火)、多摩の自然を歩く「秋の奥多摩氷川渓谷遊歩道を散策」のイベントを開催しました。

講師は、岳と森 登山&森林ガイドを主宰する 渋谷政道さん。

多摩川(左)と日原川(右)の合流地点と多摩川に架かる登計橋。
 

イロハモミジとイタヤカエデの葉とヤマイチゴの赤い実。
 

北氷川橋からの紅葉と奥多摩のシンボル愛宕山。


今年は紅葉前線が少し遅いようでしたが、参加された皆さんは紅葉を楽しんでいました。

多摩らいふ倶楽部では、毎月多摩地区を散策するイベントを企画しております。
皆さまのご参加をお待ちしております。

※渋谷政道さんのホームページはこちら☆☆☆









10月29日(土)、多摩らいふ倶楽部主催の“遊学塾”「秋の福生 玉川上水から熊川分水を散策」を開催しました。

ガイドは、森林インストラクターで自然観察指導員 落合 功さん。

拝島駅をスタートし、日光橋公園、水喰土公園、福生院、熊川神社、千手院などを巡り、拝島駅まで戻ってくるコースです。

先ずは玉川上水沿いを歩き、水路を掘りなおした跡の水喰土公園、
 

玉川上水から分水された熊川分水、足利時代創建と伝えられる福生院、
 

熊川分水沿いにある熊川神社、室町時代末期創建といわれる千手院を見て回りました。
 

とても寒い日でしたが、晴れ間も見えて元気に散策できました。

今後も、皆さまに喜んでいただけるイベントを開催していきます。
皆さまの参加をお待ちしております。





10月28日(金)、「多摩のあゆみ講座 多摩地区の文化財を巡る①~青梅市の文化財と三田一族との関係~」を開催しました。
『多摩のあゆみ』第160号(平成27年11月発行)掲載の多摩地区の文化財のうち青梅市の文化財です。

講師は、青梅市郷土博物館 学芸員 鈴木章久さん。

山号は勝沼山。青梅で数少ない時宗の寺である乗願寺




永世年間(1504~1520)に三田氏が社殿を造営したとされる住吉神社の拝殿と本殿



山号は青梅山。承平年間(931~938)開山の金剛寺と青梅の地名の由来と言われる梅の木



今にも雨が降りそうな肌寒い天気でしたが雨にはふられませんでした。
参加された皆さんはメモや写真をとりながら熱心に質問をしていました。

多摩らいふ倶楽部では、毎月「多摩のあゆみ」に関するイベントを企画しております。
皆さまのご参加をお待ちしております。


10月26日(水)、雲ひとつない秋の日に昭島にあるフォレストイン・昭和館で「ソープカービングでフラワーバスケット」を開催しました。


講師はStudio Siam専任講師の菅谷知津子先生です。


石鹸の色は好きな色を選べます。どの色もとてもきれいな色です。
はじめに石鹸の裏で彫る練習をします。


ナイフの扱い方、コツがわかったら石鹸を表に向けて本番です。
    

削り終わったあとには先生に作品を直していただきますが、先生のナイフの扱い方がまるで魔法のようで素敵でした。
      

最後にパールの取っ手とお花を飾って完成です。
皆さんの作品を並べて撮影会をしました。
   

お部屋いっぱいに広がった石鹸の香りにみなさん癒されていました。

10月21日(金)、「多摩のむかしを訪ねる 湯殿川沿い散策と古社寺を巡る」のイベントを開催しました。
爽やかな秋晴れのなか、湯殿川沿いと龍見寺や御霊神社などを散策しました。

講師は、写真紀行家 平野 勝さん。

河川整備が進んだ湯殿川で野鳥や美しい草花に出会いました。
 

江戸初期の慶長年間(1596~1614)開山と伝わる龍見寺の大日堂。


鎌倉権五郎景政の館跡にある御霊神社。


多摩らいふ倶楽部では、毎月多摩地区を散策するイベントを企画しております。
皆さまのご参加をお待ちしております。

10月1日(土)、多摩らいふ倶楽部主催の“遊学塾”「秋色に染まる横沢入の田園地帯を訪ねて」を実施しました。

ガイドは、森林インストラクターで自然観察指導員の守屋 龍男さん。

横沢入の田園地帯と大悲願寺でのガイドの様子。
 

ボランティアの方による稲刈りと畦道で咲いていたすすきの花。
 

名刹大悲願寺と庭園にある白萩の花。
 

天候が心配されたが、曇り空のもと散策できました。
皆さん、心地よい汗をかいたと話していました。

今後も、皆さまに喜んでいただける企画を実施していきます。
皆さまの参加をお待ちしております。



9月30日(金)に昭島のフォレスト・イン昭和館で「日常に役立つ簡単ハーブとアロマの話&リバティ生地で作るラベンダーサシェ」のイベントを開催しました。



雨が続いていたのですが、その日は晴れてさわやかな日でした。
先生は、国立「ハーブ&ローズ」の主宰、齊藤庸子先生です。とてもお話が上手で楽しい先生です。
   

はじめにラベンダーをパンパンに詰めた可愛らしいぷっくりした三角サシェ(におい袋)をつくりました。
   

イギリスのリバティ生地を使ってチクチク縫ったあとは、たくさんのラベンダーを袋に詰めます。


ホテルのお部屋の中は、ラベンダーの香りで一杯です。
ラベンダーは沈静・安眠・防虫の効果があります。
サシェを作ったあとは、ハーブのお話、安全な活用法などのお話を聞きました。

とても楽しく勉強になる講座でした。

*齊藤庸子先生のハーブ&ローズのホームページはこちら☆☆☆

9月27日(火) 裏高尾 日影沢林道散策 ~初秋の花を求めて~のイベントを開催しました。
台風や秋雨前線の影響で天候が心配されましたが、晴天のなか開催することができました。

ガイドは、岳と森 登山&森林ガイドを主宰する 渋谷 政道さん。 

日影沢林道は、名前の通り日影が多くて快適に散策できました。


普段より水量が多い、日影沢の流れ。


日影沢林道沿いで見られたツリフネソウの花とクサギの実。


その他に、マツカゼソウ、ヌスビトハギ、ゲンノショウコ、サラシナショウマなど多くの花々を見ることができました。
参加された皆さんはメモや写真を撮りながら熱心に質問していました。

多摩らいふ倶楽部では、毎月多摩地区を散策するイベントを企画しております。
皆さまのご参加をお待ちしております。

※渋谷政道さんのホームページはこちら


9月15日(木)の十五夜の日、 立川の「はるもにあ」で歌声喫茶を開催しました。


多摩らいふ倶楽部での歌声喫茶は今回で8回目、講師は、歌声とトークが抜群の河野先生です。


「はるもにあ」さんの歌集をお借りして歌いました。
これを見て、みなさんが選んだリクエストの歌を歌います。


大きな声で歌うことは、ストレス解消、健康にもとても良いことですね。



子供の頃に歌った童謡、学生時代に習った唱歌、青春時代に口ずさんだ流行歌など、今回は、新しい曲もたくさんリクエストがありました。 

休憩の時間に、「はるもにあ」さんの手作りシフォンケーキと美味しい珈琲もいただきました。
楽しい時間はあっという間に過ぎてお開きとなりました。
また、多摩らいふ倶楽部の歌声喫茶を開店しますので、お楽しみに。

9月9日(金)、東京都薬用植物園にて、『多摩のあゆみ』第162号(平成28年5月発行)に掲載された、多摩の花名所”薬用植物の花々と東京都薬用植物園”のイベントを開催しました。

講師は緑花文化士 鈴木 泰さん。

園内での講座風景。


ニチニチソウ(キョウチクトウ科)の花とオミナエシ(オミナエシ科)の花。
 

その他、イヌサフラン、コウホネ、トロロアオイ、ウコンなどたくさんの花々を鑑賞しました。
参加された皆さんはメモや写真をとりながら熱心に質問していました。

多摩らいふ倶楽部では、毎月多摩のあゆみに関するイベントを企画しております。
皆さまのご参加をお待ちしております。



8月30日(火)、国立でポーセラーツをつくりました。
ポーセラーツとは、ポーセリン(磁器)とアート(芸術)を組み合わせた造語です。転写紙を使用して貼り付け焼成するものです。
本日の講師は、国立のプルミエール主宰の神本美智子先生です。

アロマやお料理などの講師もしていらっしゃる素敵な先生です。


これは白磁器にポーセラーツした講師の作品です。今回は、夏っぽくグラス2個にポーセラーツします。

はじめにシールを選びます。色々なシールの中からお好きなものを選びますが、イニシャルもいれたいし・・・、白もいいけれどプラチナもステキだし・・・・。なかなか皆さん決められないようでした。


次は、シールを好きな大きさに切ります。そしてそれを水に浸してシールの裏紙をはがして、好きな位置に貼り付けます。空気をいれないように、優しく優しく貼り付けます。
    

これを2個作ります。2個目はもうコツを覚えてさくさくと早くできました。


このあと、釜で焼成して出来上がりです。黄色っぽいものが白くなり、茶色のものがプラチナになり素敵に変化します。

皆さんの作品を先生が大事に持ち帰って焼成して後日完成品をお渡しいたします。

出来上がりが楽しみですね。まさに「わたしだけのグラス」。何を入れて飲みましょうか。


*本日の講師のホームページはこちら☆☆☆








8月17日(水)台風一過の猛暑日の午後、八王子市サイバーシルクロードを会場に開催した健康講座は、暑い中を参加してくださったお客さまの熱気に包まれました。




講師の理学療法士 石川 貴将さんは、八王子市内にある仁和会総合病院のリハビリテーション科長。
「フレイル(虚弱」)や「ロコモティブシンドローム(運動器症候群)」とは何なのか?など学術的な内容も解りやすく説明してくださり、転ばないために日頃からやっておきたい運動の実技も、楽しく学ぶことができました。




個人的な質問にも気軽に答えていただき、楽しさの中に講座は終了しました。

仁和会総合病院:http://www.jinwakai.jp/



深緑の御岳渓谷を散策しました

投稿日:2016年08月01日
7月30日(土) 多摩らいふ倶楽部主催の“遊学塾”「深緑の御岳渓谷を散策」を実施しました。

ガイドは、一般社団法人大多摩観光連盟 西村敏夫さん。 

梅雨が明けた晴天のなか、深緑に包まれた御岳渓谷遊歩道を歩きました 。



慈恩寺や八雲神社にも参拝しました。



セミしぐれやウグイスの声を聴きながらのんびりと歩きました。
皆さん、心地よい汗をかいたと話していました。

今後も、皆さまに喜んでいただける企画を実施していきます。
皆さまの参加をお待ちしております。

7月11日(月)、大人の社会科見学「サントリービール発祥の、サントリー武蔵野ビール工場見学~ビール講座&土産付き~」のイベントを実施、都内唯一のビール工場、サントリー武蔵野ビール工場を見学してきました。

素敵なガイドさんに案内され見学スタート、まずは「ザ・プレミアム・モルツ」について講座を受けます。

講座の中では、ビールの泡を試飲する場面も。クリーミーな泡は、それだけでもとても美味しく感じられます。

続いて工場内の施設見学。普段は見学コースに入っていない特別な場所も見せていただきました。ビールのできる過程を順番にたどっていき、過程ごとにガイドさんからの説明があり、みなさん熱心に聞き入っていました。
 


そしてお待ちかねの試飲の時間です。
ザ・プレミアム・モルツ、ザ・プレミアム・モルツ〈香るエール〉、ザ・プレミアム・モルツ~マスターズドリームの3種類を用意していただき、順番に飲み比べをしました。
 

この間、特別に工場長にビールや工場についての説明をしてもらいました。


みなさん試飲の余韻を楽しみながら、最後はショップでお買い物を楽しまれていました。
 

参加されたみなさま、お疲れ様でした。
工場長をはじめサントリー武蔵野ビール工場のみなさん、本日はお世話になりありがとうございました。

多摩らいふ倶楽部では、これからも多摩地区にある工場や文化施設等を訪ねる“大人の社会科見学”を実施していきます。みなさまの参加をお待ちしています。







7月6日(水)、会員限定イベント「コマクサの群生を求めて湯の丸高原“池の平湿原”~大谷講師とのんびり高原散策しませんか~」を実施、43名の会員さまと長野県の池の平湿原を散策してきました。

先ずは、地蔵峠にある「ロッジ花紋」さんで地元の食材を使った昼食で腹ごしらえ。
 

おいしい食事をいただいたあと、池の平湿原へ向かいます。
大谷講師より、歩くコースや観察できる花の説明を聞いたあと、カッコーの鳴き声を聞きながら湿原の木道を歩きます。

 

そして、いよいよコマクサの群生地へ、みなさん高山植物の女王と呼ばれるコマクサを、写真に撮ったりして堪能していました。
 

コマクサの他にも、遊歩道にはさまざまな高山植物が花を開いていて、とくにアヤメはいたるところで見られ、みなさん驚いていました。
 

3時間強の散策で、途中、上り下りもありましたが、みなさん最後まで元気に歩かれ、いろいろな花を観賞できたことに、大変喜ばれていました。

参加されたみなさまお疲れ様でした。
多摩らいふ倶楽部では、今後も会員限定の楽しい企画を実施していきます。会員のみなさまのご参加をお待ちしています。




PageTop