• イベント情報
  • イベントレポート
  • お申込み

イベント情報

8月9日(水) 多摩のあゆみ講座 多摩のみほとけを知る「円成院の木造薬師如来坐像を拝観」を開催しました。

講師は、女子美術大学名誉教授 齊藤 経生さん。
毎回、楽しく解りやすい解説をしていただいています。

また、円成院のご住職の渓 一雄様より、黄檗宗(おうばくしゅう)についてお話をしていただきました。

円成院瑠璃光寶殿と本尊木造薬師如来坐像
 

齊藤 経生講師と渓 一雄住職の説明の様子
 

猛暑日でしたが、本堂の中は冷房が効いており爽やかに拝観する事ができました。
参加された皆さんは熱心にメモや写真をとっていました。

多摩らいふ倶楽部では、毎月「多摩のあゆみ」に関するイベントを企画しております。
皆さまのご参加をお待ちしております。

7月14日(金)、フォレスト・イン昭和館で夏らしいアーティフィシャルフラワーの向日葵リースを作りました。


講師は、武蔵境でAbeille(アベイユ)を主宰なさっている佐原治佳先生です。


まず初めに材料の説明


そして、全てのお花、葉っぱをワイヤリングします。講師からコツを教えていただいて、皆さん、一生懸命やっていらっしゃいました。

リースに最初に大きな向日葵の花の場所を決めます。葉っぱや小さな花、ブルーベリーも挿します。そして、リボンを付けます。
リボンの作り方も教えていだだきました。


全員のリースを並べてみました。同じ材料なのに、すべて違いますね。


この夏は、作ったかわいらしい向日葵リースを飾ってくださいね。

※本日の講師、佐原治佳先生のAbeilleのホームページはこちら☆☆☆

※次回の昭和館の趣味講座は、押し花の壁掛けフックをつくります。お問い合わせ、お申し込みはこちら☆☆☆

7月11日(火)「多摩の自然を歩く 檜原村 初夏の秋川沿いをハイキング~中山の滝や払沢の滝を巡る~」を開催しました。

ガイドは、岳と森 山と森のガイドを主宰する渋谷政道さん。
毎回、楽しく安全な山歩きについてガイドしていただいています。

今回は、檜原村の入口である檜原村役場付近の中山の滝と払沢の滝を中心に散策しました。

アユが遡上していた中山の滝と川べりに咲いていたギボウシの花
 

檜原村のゆるキャラ「ひのじゃがくん」のポストとNPO法人四季の里「本日のひるげ」
 

都内で唯一「日本の滝百選」に選ばれた払沢の滝


夏本番を思わせる陽気でしたが参加された皆さんは元気に散策していました。
秋川沿いではホウジロやメジロの鳴き声に癒されました。

多摩らいふ倶楽部では、毎月多摩地区を散策するイベントを企画しております。
皆さまのご参加をお待ちしております。

※渋谷政道さんのホームページはこちら☆☆☆☆☆







6月27日(火)、「多摩のあゆみ講座 多摩のみほとけを知る⑤~八王子 清鏡寺の木造十一面観世音菩薩立像を拝観~」を開催しました。

講師は、女子美術大学名誉教授 齊藤経生さん。
毎回、楽しくて解りやすい解説をしていただいています。

また、清鏡寺のご住職の林様より、清鏡寺に関するお話もしていただきました。

木造十一面観世音菩薩立像(都有形文化財)


本尊「十一面千手千眼観世音菩薩」座高21.5cmほどのお像に千本の御手が付いています。


清鏡寺観音堂と齊藤経生講師の解説の様子。
 

本尊の「十一面千手千眼観世音菩薩」も見ることができ、
参加された皆さんは熱心にメモや写真をとっていました。

多摩らいふ倶楽部では、毎月「多摩のあゆみ」に関するイベントを企画しております。
皆さまのご参加をお待ちしております。



6月23日(金)、梅雨の合間の暑い日差しの中、国立の大学通りにあるHOMEGROWN(ホームグロウン)さんで、食べられる花とキッチンハーブの寄せ植え教室を開催しました。





皆さんがいらっしゃる前に準備します。




講師は、HOMEGROWN店長 伊藤 進吾さん、ハーバルセラピストと園芸福祉士でもあります。


ベランダでも室内でも楽しめるナチュラルスタイルのバスケットにエディブルフラワー(食べられる花)と4種類のキッチンハーブを寄せ植え。
料理やお茶にも使えるハーブを小さな苗から育てて、必要な時にすぐに摘んで気軽に使えるおしゃれなバスケットを作ります。

先ず最初に、不織布とヤシファイバーを敷いて、土がこぼれるのを防ぎます。


そして白い軽石を敷きます。


エディブルフラワーはナスタチウム、ハーブはイタリアンパセリ、セイジ、ローズマリー、タイムを使用、5種類の苗の配置を考えます。


隙間にスコップや割り箸なのでつつきながら土をいれます。そして最後に全体の土の表面をならして完成です。


水を霧吹きして、お持ち帰り。
お帰りになったらたっぷり水をあげてくださいね。


ジャズの音楽をかけながら、ハーブティーをいただきながらの講座で、とても楽しい講座でした。



ハーブだけでなく、グリーンの鉢植え、八ヶ岳直送の野菜なども買うことができるHOMEGROWNのホームページ☆☆☆☆☆







5月27日(土)、多摩らいふ倶楽部主催の遊学塾イベント「府中市 郷土の森公園で初夏の花と緑を楽しむ」を開催しました。

ガイドは、緑花文化士 鈴木泰さん。

府中市郷土の森博物館にある郷土の森公園で花々を見ながらのんびり歩きました。

公園内にあるアジサイの花
 

ヤマボウシの花とスイレンの花
 

新緑が芽生えた木々により森林浴も楽しみました。
参加された皆さまは爽やかな風にふかれながら元気に散策していました。

今後も、皆さまに喜んでいただける企画を開催していきます。
皆さまのご参加をお待ちしています。



西東京市の文化財を巡りました。

投稿日:2017年05月23日
5月19日(金)、「多摩のあゆみ講座 多摩地域の文化財を巡る⑤~西東京市 青梅街道沿いの文化財~」のイベントを開催しました。

講師は、西東京市教育委員会教育部 社会教育課 文化財係 亀田直美さん。

今回は、青梅街道沿い旧田無宿にある西東京市の文化財を巡りました。

総持寺の山門と大ケヤキ(市指定33号)と田無神社の拝殿と大イチョウ(市指定34号)
 

旧下田名主役宅にある稗倉(市指定4号)と養老田碑(市指定7号)
 

青梅街道と所沢街道の追分に建てられた柳沢庚申塔(市指定28号)


観音寺の宝篋印塔(六十六部廻国塔・市指定43号)


講師の説明は解りやすく、皆さん熱心にメモや写真をとっていました。

初夏のような暑さでしたが爽やかな風があり、参加された皆さん最後まで元気に散策していました。

多摩らいふ倶楽部では、毎月「多摩のあゆみ」に関するイベントを企画しております。
皆さまのご参加をお待ちしております。






5月15日(月)、多摩の自然を歩く 新緑の秋川丘陵自然公園を散策~ホウチャクソウ、ヒメハギなどの花を探して歩く~のイベントを開催しました。

ガイドは、岳と森 山と森のガイドを主宰する渋谷政道さん。

今回は今熊山登山口バス停から秋川丘陵自然公園に入り広徳寺、秋川河川敷を巡り武蔵五日市駅まで歩きました。

今熊神社に参拝後、秋川丘陵自然公園内を散策
 

ホウチャクソウとヤマツツジの花
 

臨済宗建長寺派の古刹「広徳寺」の山門と境内の大イチョウの木
 

散策しながら、キンポウゲやコゴメツツジ、ツクバネなどの花とオオルリやアオゲラ、ウグイスの鳴き声に癒されました。

多摩らいふ倶楽部では、毎月多摩地区を散策するイベントを開催しております。
皆さまのご参加をお待ちしております。

※渋谷政道さんのホームページはこちら☆☆☆ https://www.gakutomori.com/


4月29日(土・祝日)、多摩らいふ倶楽部主催の“遊学塾”「瑞穂町 新緑の六道山公園を歩く」を開催しました。

ガイドは、森林インストラクターで自然観察指導員 落合功さん。

今回は、箱根ケ崎駅から狭山池公園、瑞穂町郷土資料館(ケヤキ館・耕心館)、お伊勢山遊歩道、三角点広場、出会いの辻を巡り、箱根ケ崎駅に戻るコースをゆったりと歩きました。

狭山池公園と瑞穂町郷土資料館で咲く馬連草
 

ハナダイコンの花とクサイチゴの花
 

新緑の六道山公園を散策する参加者の皆さんと出会いの辻にある庚申塔
 

耕心館の庭園では多くの春の草花を観賞し、散策中も草花を観賞することができました。
春本番の陽気に恵まれ参加された皆さんは心地よい汗を掻きながら散策していました。

今後も、皆さまに喜んでいただける企画を開催していきます。
皆さまのご参加をお待ちしております。

4月21日(木)、「多摩のあゆみ講座 多摩地域の文化財を巡る④~奥多摩町 丹叟院(たんそういん)阿弥陀堂と三十四観音を拝観~」のイベントを開催しました。

講師は、奥多摩町文化財保護審議会会長で丹叟院のご住職 石田充法さん。

西多摩地区で最も古いと言われる阿弥陀堂と本堂でご住職による解説。
 

阿弥陀堂内の阿弥陀三尊と珍しい大黒様(米俵の上にハスの葉、その上に大黒様)
 

三十四躯の観音様
 

境内では、しだれ桜が満開でした。


春本番の清々しい陽気で参加された皆さまは大変喜んでいました。

多摩らいふ倶楽部では、毎月「多摩のあゆみ」に関するイベントを企画しております。
皆さまのご参加をお待ちしております。








3月29日(水)、「多摩の自然を歩く 水の郷 日野用水沿いを散策②~水の流れる風景と早春の花々をめぐる~」のイベントを開催しました。

ガイドは、岳と森 登山&森林ガイドを主宰する 渋谷政道さん。

今回は日野駅をスタートして、よそう森公園、東光寺第二緑地、日野用水下堰、多摩川遊歩道から日野駅まで日野駅西口エリアをゆったりと巡りました。

よそう森公園内の日野用水とホトケノザの花。
 

東光寺第二緑地に咲くカタクリの花とガイドによる講義風景。
 

日野用水下堰と河童橋の下を歩く参加者の皆さま。
 

春本番を思わせる温かい陽光に恵まれて参加された皆さまは元気に散策していました。

多摩らいふ倶楽部では、毎月多摩地区を散策するイベントを開催しております。
皆さまのご参加をお待ちしております。

渋谷政道さんのホームページはこちら☆☆☆

3月27日(月)、「多摩のあゆみ講座 多摩地区の文化財③~三鷹 大沢の里周辺の文化財巡り~」のイベントを開催しました。

講師は、三鷹市教育委員会生涯学習課 文化財担当 藤田優美さん。

大沢掩体壕(えんたいごう)2号の前での講師による解説と1号
 


大沢の里水車経営農家の水車(新車)
 

野川沿いに咲く菜の花と天文台構内古墳
 

冷たい雨が降るなか、参加された皆さまは元気に散策していました。

多摩らいふ倶楽部では、毎月「多摩のあゆみ」に関するイベントを企画しております。
皆さまのご参加をお待ちしております。

遊学塾で調布市内を散策しました。

投稿日:2017年03月27日
3月25日(土)、多摩らいふ倶楽部主催の“遊学塾”「調布の町で武者小路実篤を偲ぶ」を開催しました。

講師は、一般社団法人調布市武者小路実篤記念館 首席学芸員 伊藤陽子さん。

今回は、つつじヶ丘駅から市立滝坂小学校、調布市武者小路実篤記念館、実篤公園、仙川駅前商店会を巡りながら、仙川駅までゆっくり歩きました。

滝坂小学校に寄贈された武者小路実篤の書
 

実篤記念館では、ボランティアガイドさんによる実篤のエッセイと誌の朗読がありました。


実篤公園内の竹林と旧邸宅
 
旧邸宅の室内についても講師が案内していただきました。

仙川商店街では実篤自筆の書が残っています。
神代書店さん(左)、お茶の青香園さん(右)、和菓子の藤屋さん(下)
  

春本番を思わせる温かい陽光に恵まれ、参加された皆さまは熱心に写真やメモをとりながら、元気に散策していました。

今後も、皆さまに喜んでいただける企画を開催していきます。
皆さまのご参加をお待ちしております。



2月25日(土)、多摩らいふ倶楽部主催の“遊学塾”「国分寺 お鷹の道から歴史の道を歩く」を開催しました。

ガイドは、森林インストラクターで自然観察指導員 守屋 龍男さん。

今回は、国分寺駅をスタートし、全国名水百選及び東京都名湧水57選に選ばれた湧水沿いのお鷹の道から、国分寺境内の万葉植物園、武蔵国分寺跡、国分寺尼寺跡、伝鎌倉街道、縄文時代の住居跡を巡りながら西国分寺駅までゆったりと歩きました。

お鷹の道と東京都の名湧水57選に選ばれた湧水。
 

真言宗豊山派 医王院国分寺と境内の万葉植物園に咲くオウバイ(黄梅)の花。
 

国指定史墳 武蔵国分寺跡と国分寺尼寺跡。
 

伝鎌倉街道と縄文時代の住居跡。
 

当日は参加者多数のため、午前と午後の2回開催しましたが、一日中小春日和に恵まれ参加された皆さんは元気に散策していました。
散策中の道端には小さな春の花が咲き春が近いと感じることができました。

今後も、皆さんに喜んでいただける企画を開催していきます。
皆さまのご参加をお待ちしております。

2月22日(水)、「多摩のあゆみ講座 多摩のみほとけを知る④~日野安養寺の阿弥陀如来像を拝観~」のイベントを開催しました。

講師は、女子美術大学名誉教授 齊藤経生さん。

田村山極楽院安養寺の本堂と山門。
 

齊藤経生講師と石黒忠雅住職による説明の様子。
 

齊藤経生講師の説明は楽しくて解り易く、参加された皆さんは熱心に写真やメモをとっていました。
石黒忠雅住職よりためになるお話もしていただきました。

多摩らいふ倶楽部では、毎月「多摩のあゆみ」に関するイベントを企画しております。
皆さまのご参加をお待ちしております。





2月16日(木)、「多摩のむかしを訪ねる 清瀬 柳瀬川遊歩道散策と古社寺巡り~円通寺や日枝神社、八幡神社など~」のイベントを開催しました。

講師は、写真紀行家 平野 勝さん。

水天宮と日枝神社を参拝する皆さん。
 

柳瀬川遊歩道と柳瀬川遊歩道を散策する皆さん。
 

旧森田家と清瀬で最も古いお寺の円通寺も参拝。
 

寒波が和らいで小春日和の晴天に恵まれ参加された皆さんは散策を楽しんでいました。

今後も、皆さんに喜んでいただける企画を開催していきます。
皆さまの参加をお待ちしております。






PageTop