• イベント情報
  • イベントレポート
  • お申込み

イベント情報

11月28日(水)「多摩の自然を歩く 七生丘陵・南平丘陵公園ハイキング」を開催しました。

ガイドは、岳と森 山と森のガイドを主宰する渋谷政道さん。
毎回、楽しく安全なハイキングについて解りやすくガイドをしていただいています。

今回は多摩丘陵の自然を残した日野市の南平丘陵公園です。
公園内で赤や黄色の紅葉が見られます。

この公園は丘陵の地形と樹林をそのまま利用し、斜面を覆う雑木林に囲まれた園内には
わき水を溜めた池があり、公園の自然についての展示がある管理棟もあります。
 

公園内でヤブムラサキやゴンズイなどの実を観察しました。
 

公園内の散策路と散策路を歩く参加された皆さん。
 

散策路上ではしきりにエサを探すヤマガラとも出会いました。

多摩らいふ倶楽部では、毎月多摩地域を散策するイベントを企画しております。
皆さまのご参加をお待ちしています。

9月19日(水)、「地元ガイドと歩く 小金井まちなか案内人と「はけの小路」を歩く」を開催しました。

ガイドは、まちなか案内人(4名)の方々です。
地元の歴史などに詳しい方々で、楽しく解りやすく案内していただきました。

今回は、小金井宮地楽器ホール前から金蔵院、小金井小次郎の墓、はけの小路、美術の森緑地の湧水、六地蔵のめぐみ黄金の水を巡り、小金井宮地楽器ホール前までゆったりと散策しました。

秋の七草の一つであるハギ(萩)の白い花に囲まれた金蔵院の本殿と境内のハギの花。
 

「はけの小路」の入口と美術の森緑地の湧水。
 

こがねいまちなか案内人さんのガイド風景。
 

金蔵院の境内は、白いハギの花が見ごろを迎えており、参加された皆さんは熱心に写真を撮っていました。
夏の暑さも一段落した一日で、参加された皆さんは心地よい汗をかきながら散策を楽しんでいました。

多摩らいふ倶楽部では、毎月多摩地域を散策するイベントを企画しております。
皆さまのご参加をお待ちしております。

7月11日(水)、多摩の自然を歩く「檜原村ふるさとの森と北秋川ハイキング」を開催しました。

ガイドは、岳と森 山と森のガイドを主宰する渋谷政道さん。
毎回、楽しく安全なハイキングについて解りやすくガイドをしていただいています。

緑陰の下ふるさとの森のハイキングとクルミの展望台からの展望を楽しむ参加された皆さん。
 

ハイキングコース内で咲いていたヤブカンゾウの花とホタルブクロの花
 

北秋川の河川敷で涼をとる参加者の皆さんと檜原村ふるさとの森管理棟
 

梅雨明けが早く真夏日の開催となりましたが、ふるさとの森と北秋川河川敷は爽やかな風が吹いており、参加された皆さんは元気にハイキングを楽しんでいました。

多摩らいふ倶楽部では、毎月多摩地域を散策するイベントを企画しております。
皆さまのご参加をお待ちしております。

渋谷政道さんのホームページはこちら☆☆☆




6月30日(土)、多摩らいふ倶楽部主催の遊学塾イベント「八王子市鑓水の古道・絹の道を歩く」を開催しました。

ガイドは、自然観察指導員で森林インストラクターの守屋龍男さん。
毎回、解りやすく、楽しいガイドをしていただいております。

守屋龍男さんのガイドと絹の道を散策する参加者の皆さん
 

道端に咲いていた、ウツボグサとネジバナ
 

絹の道古道と絹の道資料館
 

梅雨が明けて真夏日の散策となりましたが、絹の道では爽やかな風が吹き抜けていました。
参加された皆さんは心地よい汗を掻きながら散策を楽しんでいました。

今後も皆さまに喜んでいただける企画を開催します。
ご参加をお待ちしております。 

奥多摩湖 湖畔の小道を歩きました

投稿日:2018年06月07日
6月6日(水)、「多摩の自然を歩く 奥多摩湖・麦山の浮橋と湖畔の小道ハイキング」を開催しました。

ガイドは、岳と森 山と森のガイドを主宰する渋谷政道さん。
毎回、楽しく安全なハイキングについて解りやすくガイドをしていただいています。

今回は、奥多摩湖に浮かぶ麦山の浮橋を渡り、湖畔の小道を山のふるさと村まで歩くコースを往復しました。

雨にかすむ麦山の浮橋と浮橋を渡る参加者の皆さん
 

湖畔の小道で見られた山アジサイの花とアカショウマの花
 

湖畔の小道を歩く参加者の皆さんと山のふるさと村ビジターセンター
 

梅雨入り日と重なり雨がふる一日となりましたが参加された皆さんは元気に歩いていました。
参加された皆さんは浮橋を渡ることができ、また雨に濡れた新緑の緑がきれいだったと話していました。

多摩らいふ倶楽部では、毎月多摩地域を散策するイベントを企画しております。
皆さまのご参加をお待ちしております。

渋谷政道さんのホームページはこちら☆☆☆



5月23日(水)、「地元ガイドと歩く 町田市相原の緑豊かな里山を巡る」を開催しました。
ガイドは、一般社団法人町田市観光コンベンション協会の荒井仁さんと間仁田修さん。
地元ガイドならではの解説をしていただきました。

今回は、相原駅からかわら谷戸、獣魂碑、尾根ビューポイント、相原七国峠古道、出羽三山供養塔、相原中央公園、長者窪、長福寺、諏訪神社を巡り、相原駅までゆったりと散策しました。

荒井さんによるガイド風景
 

相原の里山を散策する参加者の皆さん
 

籌國山長福寺の本堂及び山門と文殊堂
 

里山散策では多くの小さな花と野鳥の鳴き声に癒されました。
町田市の文化財も拝観しました。

今後も、皆さまに喜んでいただける企画を開催していきます。
皆さまのご参加をお待ちしております。




4月28日(土)、多摩らいふ倶楽部主催の遊学塾イベント「あきる野市五日市の古刹を訪ねる」を開催しました。

ガイドは、一般社団法人大多摩観光連盟の越前和子さん。
解りやすく、楽しくガイドをしていただきました。

今回は、JR五日市線武蔵五日市駅から開光院、五日市郷土館、玉林寺、広徳寺、阿伎留神社を巡り、武蔵五日市駅までゆったりと散策しました。

開光院に咲くタツナミソウの花と玉林寺のボタンの花
 

臨済宗建長寺派の古刹広徳寺の山門とタラヨウの巨樹
 

荘厳な阿伎留神社と秋川の河川敷
 

初夏を思わせる日差しでしたが、爽やかな風が流れていました。
参加された皆さんは心地よい汗を掻きながら散策を楽しんでいました。

今後も、皆さまに喜んでいただける企画を開催します。
皆さまのご参加をお待ちしております。



4月20日(金)、新緑が綺麗なフォレスト・イン昭和館で今話題のハーバリウム(植物標本)を作りました。


講師は、アトリエぱらむを主宰されている鈴木敦子先生と鈴木先生が所属なさっているAFD協会代表の奈良由紀子先生がお手伝いに来てくださいました。


鈴木先生がキットなどを事前に準備していただいていたので、皆様、すぐにデザインを考えながら花材を並べていらっしゃいました。


デザインを決めた後にピンセットで静かに花材を入れて、そこにシリコンオイルを注入、下のお花が浮いてくるものもあるので、上手に絡めて出来上がり!!

同じ花材なのに、全部違って・・・。 まさに「世界でひとつだけの作品」の出来上がりです。
皆さんの完成品をパチリ!
      

皆様、とっても素敵に出来上がりました。窓の光が当たってキラキラ綺麗ですね。お疲れ様でした。 

多摩らいふ倶楽部とフォレスト・イン昭和館は毎月1回、講座を行なっておりますので、ご興味がある方はお申し込みをお待ちしております。


4月10日(火)、多摩の野鳥観察 塩船観音寺で野鳥との出会いを楽しむを開催しました。

ガイドは、森の演出家協会を主宰する土屋一昭さん。
歯笛で鳥を呼び寄せる名人として、NHKの自然番組などテレビやラジオで活躍しています。

大悲山 塩船観音寺の山門と塩船平和観音像
 

境内のミツバツツジとツツジの花
 

散策路に咲いていたチゴユリとヤマブキの花
 

野鳥はメジロやホウジロ、ヒヨドリなどの鳴き声や姿を確認できました。
爽やかな春風の下、参加された皆さんは元気に散策していました。

今後も、皆さまに喜んでいただける企画を開催していきます。
皆さまのご参加をお待ちしております。



3月25日(日)、多摩のあゆみ講座 多摩の花名所~さやま花多来里の郷で早春の花楽しむ~を開催しました。

講師は、緑花文化士の鈴木泰さん。
毎回、草花について詳しく解りやすく解説していただいてます。

今回は、箱根ケ崎駅から狭山池公園、瑞穂町郷土資料館けやき館・耕心館、さやま花多来里の郷を巡り、箱根ケ崎駅に戻るコースをゆったりと歩きました。

狭山池公園とさやま花多来里の郷での鈴木講師の解説の様子。
 

狭山池公園のエドヒガンサクラと耕心館のミスミソウの花
 

さやま花多来里の郷のカタクリの花


春本番の爽やかな天候に恵まれ参加された皆さんは快適な散策を楽しんでいました。
耕心館の庭園で早春の草花とさやま花多来里の郷でカタクリの花を観賞できました。

今後も、皆さまに喜んでいただける企画を開催していきます。
皆さまのご参加をお待ちしております。





1月25日(木)「多摩のあゆみ講座 多摩のみほとけを知る~常楽寺で木造阿弥陀三尊像を拝観~」を開催しました。

講師は、女子美術大学名誉教授 齊藤経生さん。
毎回、楽しく解りやすい解説をしていただいています。

齊藤講師の解説の様子。
 

天台宗樹光山浄土院常楽寺の本堂と観音堂
 

木造阿弥陀三尊像と閻魔王座像
 

底冷えする寒い一日でしたが、参加された皆さんは講師の解説に熱心にメモや写真をとっていました。

多摩らいふ倶楽部では、毎月「多摩のあゆみ」関するイベントを企画しております。
皆さまのご参加をお待ちしております。

イチョウの木が黄色に色づいた昭島のフォレスト・イン昭和館で、11月15日に毎年恒例のクリスマスイベントを開催しました。
今年は、"ワイングラスと料理とともに、クリスマスツリーをテーブルに飾ってお食事を楽しみましょう" をテーマにテーブルに飾れるクリスマスツリーを作りました。 

定員を超えて、たくさんの方がご出席いただきました。


講師は、Leaf Green主宰の田辺 貴優先生、アシスタントにChelsea garden主宰の奈良 由紀子先生。

ふたりともセンスの良い素敵な先生です。

材料は、こちら

皆さまとても丁寧に作っていました。
グリーンのワイヤーリングが大変でしたが、先生にコツを教えていただき、綺麗な形にできあがりました。
雪のお化粧をした松ぼっくり、真っ赤なクリスマスボール、かわいらしいリボンなどのほか、
色々な種類の木の実もご用意していただきました。

出来上がったクリスマスツリーを並べて記念写真。

その後は、お待ちかねの昭和館のクリスマス特別ランチ。
ご自身の作品を見ながら、おいしいランチをいただきました。


クリスマスソングを聴きながら、ちょっと早いクリスマスを味わいました。



10月26日(木)、多摩らいふ倶楽部主催の“遊学塾イベント”「東大和市 都立東大和公園で自然観察」を開催しました。

ガイドは、森林インストラクターで自然観察指導員 落合功さん。
毎回、草花や樹木について解りやすく、楽しく話してくれます。

今回は、西武多摩湖線西武遊園地駅から狭山公園、多摩湖堰堤、東大和公園、圓乗院、狭山神社を巡り、武蔵大和駅までゆっくりと散策しました。

狭山公園での説明の様子と多摩湖の第一及び第二取水塔と奥にメットライフドーム
 

東大和公園内を散策する参加者とクサギの花
 

愛宕山圓乗院醫王寺と狭山神社
 

道端で秋の花を数多く見ることができ、東大和公園内は前日の雨のあと爽やかな風が流れていました。
秋晴れの天気に恵まれ参加された皆さんは元気に散策していました。

今後も、皆さまに喜んでいただける企画を開催していきます。
皆さまのご参加をお待ちしております。





10月11日(水)、「多摩の自然を歩く 奥多摩むかし道で野鳥観察と秋の花を楽しむ」を開催しました。

ガイドは、一般社団法人 森の演出家協会 代表の土屋一昭さん。
歯笛で野鳥を呼び寄せる名人として活躍されています。

晴天のもとスタート、後半は雲がかかり暑さが和らいで散策日和となりました。

弁慶の腕ぬき岩と白髭神社
 

ゲンノショウコの花とツリフネソウの花
 

行程中はヤマガラ、エナガ、シジュウカラ、モズ、トンビなどの野鳥を見ることができました。
秋の花々も道端にたくさん咲いていました。

多摩らいふ倶楽部では、毎月多摩地域を散策するイベントを企画しております。
皆さまのご参加をお待ちしております。

森の演出家協会のホームページはこちら☆☆☆


都民の森で秋の花を探しました

投稿日:2017年09月29日
9月28日(木)「多摩の自然を歩く 檜原村都民の森で秋の花探しとハイキング」を開催しました。

ガイドは、岳と森 山と森のガイドを主宰する 渋谷政道さん。
毎回、楽しく安全にハイキングについてガイドしていただいています。

今回は、檜原村都民の森散策路のうち大滝の路(森林セラピーロード)を散策しました。

前日の大雨の影響で霧の中のスタート。時には晴れ間もありました。
 

フシグロセンソウの花とコウヤボウキ花
 

三頭大滝



前夜の大雨の影響が心配されましたが、曇り空の下快適に散策できました。
多摩らいふ倶楽部では、毎月多摩地域を散策するイベントを企画しております。
皆さまのご参加をお待ちしております。

※渋谷政道さんのホームページはこちら☆☆☆



8月9日(水) 多摩のあゆみ講座 多摩のみほとけを知る「円成院の木造薬師如来坐像を拝観」を開催しました。

講師は、女子美術大学名誉教授 齊藤 経生さん。
毎回、楽しく解りやすい解説をしていただいています。

また、円成院のご住職の渓 一雄様より、黄檗宗(おうばくしゅう)についてお話をしていただきました。

円成院瑠璃光寶殿と本尊木造薬師如来坐像
 

齊藤 経生講師と渓 一雄住職の説明の様子
 

猛暑日でしたが、本堂の中は冷房が効いており爽やかに拝観する事ができました。
参加された皆さんは熱心にメモや写真をとっていました。

多摩らいふ倶楽部では、毎月「多摩のあゆみ」に関するイベントを企画しております。
皆さまのご参加をお待ちしております。

PageTop