• イベント情報
  • イベントレポート
  • お申込み

イベント情報

2月25日(土)、多摩らいふ倶楽部主催の“遊学塾”「国分寺 お鷹の道から歴史の道を歩く」を開催しました。

ガイドは、森林インストラクターで自然観察指導員 守屋 龍男さん。

今回は、国分寺駅をスタートし、全国名水百選及び東京都名湧水57選に選ばれた湧水沿いのお鷹の道から、国分寺境内の万葉植物園、武蔵国分寺跡、国分寺尼寺跡、伝鎌倉街道、縄文時代の住居跡を巡りながら西国分寺駅までゆったりと歩きました。

お鷹の道と東京都の名湧水57選に選ばれた湧水。
 

真言宗豊山派 医王院国分寺と境内の万葉植物園に咲くオウバイ(黄梅)の花。
 

国指定史墳 武蔵国分寺跡と国分寺尼寺跡。
 

伝鎌倉街道と縄文時代の住居跡。
 

当日は参加者多数のため、午前と午後の2回開催しましたが、一日中小春日和に恵まれ参加された皆さんは元気に散策していました。
散策中の道端には小さな春の花が咲き春が近いと感じることができました。

今後も、皆さんに喜んでいただける企画を開催していきます。
皆さまのご参加をお待ちしております。

2月22日(水)、「多摩のあゆみ講座 多摩のみほとけを知る④~日野安養寺の阿弥陀如来像を拝観~」のイベントを開催しました。

講師は、女子美術大学名誉教授 齊藤経生さん。

田村山極楽院安養寺の本堂と山門。
 

齊藤経生講師と石黒忠雅住職による説明の様子。
 

齊藤経生講師の説明は楽しくて解り易く、参加された皆さんは熱心に写真やメモをとっていました。
石黒忠雅住職よりためになるお話もしていただきました。

多摩らいふ倶楽部では、毎月「多摩のあゆみ」に関するイベントを企画しております。
皆さまのご参加をお待ちしております。





2月16日(木)、「多摩のむかしを訪ねる 清瀬 柳瀬川遊歩道散策と古社寺巡り~円通寺や日枝神社、八幡神社など~」のイベントを開催しました。

講師は、写真紀行家 平野 勝さん。

水天宮と日枝神社を参拝する皆さん。
 

柳瀬川遊歩道と柳瀬川遊歩道を散策する皆さん。
 

旧森田家と清瀬で最も古いお寺の円通寺も参拝。
 

寒波が和らいで小春日和の晴天に恵まれ参加された皆さんは散策を楽しんでいました。

今後も、皆さんに喜んでいただける企画を開催していきます。
皆さまの参加をお待ちしております。






1月27日(金)、国立のフェルミエールにて「フレンチレストランで紅茶と食事と朗読を楽しむ~世界の銘茶と料理のペアリング~」のイベントを開催しました。
     

参加の方々をお迎えする準備が整いました。


紅茶の講師は、ロチャンティージャパン代表の指田千歳先生です。


ワインのようにお料理に合わせた紅茶を先生が考えてくださり、皆さんに召し上がっていただきます。

はじめに、寒い中お越しいただいた方々に暖かいウェルカムティーを召し上がっていただきます。紅茶は、昨年の世界緑茶コンテストで金賞を受賞したシルバーニードルをはじめハンドメイドで作った希少なものを揃えていただきました。


お待ちかねの朗読は、女優の大木実香さんが魔法のような声で朗読をしていただきました。
心温まるお話を前半と後半2回、皆さん目を閉じて聴いていらっしゃいました。
        

お料理は森シェフが多摩らいふ倶楽部のために創作メニューを考えてくださいました。



紅茶、お食事、朗読と盛りだくさんのイベントでした。
みなさん、とても楽しんでいただけたと思います。

多摩らいふ倶楽部はこのような楽しいイベントを毎月開催しております。 これからも素敵なイベントを企画していきますので、どうぞよろしくおねがいたします。






1月28日(土)、多摩らいふ倶楽部主催の“遊学塾”「町田の里 小野路を歩く」を開催しました。

ガイドは、森林インストラクターで自然観察指導員 守屋龍男さん。

今回は、東京都で唯一“日本の里100選(朝日新聞社・森林文化協会共催)”に選ばれた小野路の里を散策しました。
小野路宿里山交流館をスタートに、小野神社、萬松寺、六地蔵、小野路城址跡など小野路の道を巡り、最後に一本杉芝生公園まで、ゆっくりと歩きました。

小野神社と臨済宗建長寺派の小野山萬松寺
 

星谷道と大山道の分岐点にある六地蔵と小野路の道
 

小町井戸と一本杉公園内の古民家
 

小春日和のような晴天に恵まれ参加された皆さんは心地よい汗を掻きながら散策を楽しんでいました。

今後も、皆さまに喜んでいただける企画を開催していきます。
皆さまのご参加をお待ちしております。



1月20日(金)、多摩の自然を歩く 水の郷 日野用水沿いを散策①~水の流れる風景と水辺のいきものに出逢う~を開催しました。

ガイドは、岳と森 登山&森林ガイドを主宰する 渋谷政道さん。
日野駅東側エリアの日野用水沿いと多摩川遊歩道を散策しました。

日野用水と富士山信仰登山前に身を清めた精進場
 

東の地蔵と言われる福地蔵と蚕糸試験場跡の桑ハウス
 

多摩川の河原にたたずむ、ダイサギ、コサギ、アオサギ
 

時折、小雪や小雨がちらつく寒い一日でしたが、参加された皆さんは元気に散策していました。

多摩らいふ倶楽部では、毎月多摩地区を散策するイベントを企画しております。
皆さまのご参加をお待ちしております。

※渋谷政道さんのホームページはこちら☆☆☆

1月19日(木)、「手作りで運気UP。着物地で作るオリジナル御朱印帳カバー&ケース」のイベントを開催しました。
多摩らいふ倶楽部は、昭島にあるフォレスト・イン昭和館で毎月1回、趣味講座を開催しています。
この日はとても良いお天気で、チャペルにも陽が当たって綺麗でした。




御朱印帳のカバーとケースは講師のオリジナル作品です。
着物地は、紬・小紋・鳥獣戯画の3種類の中からお好きなものを使います。


講師は、カルトナージュ アトリエラパン主宰の守矢じゅんこ先生です。


講座の様子はこちらです。






かわいらしいチャームもご用意しました。


御朱印帳がずれないようにゴムをつけました。


しわがよらないようにタオルハンカチでのばしましょう。


全部貼り合わせて出来上がり!
皆さまお疲れ様でした。世界でひとつだけの御朱印帳のカバーとケース、神社に持って行くのが楽しみですね。



1月18日(水)、多摩のあゆみ講座 多摩のみほとけを知る③~八王子 龍見寺の木造大日如来坐像を拝観~のイベントを開催しました。

講師は、女子美術大学名誉教授の齊藤経生さんと住職の野上浩達さん。

大日如来は、ほとけの世界を表す曼荼羅図(まんだらず)でも、真中に位置する最高佛。
龍見寺の木造大日如来坐像は、藤原末期の秀作として東京都の有形文化財(彫刻)に指定されている。

拝観前、齊藤講師による説明と大日如来堂。
 

木造大日如来坐像について、齊藤講師と野上住職による説明。
 

熱心に写真やメモをとる参加者の皆さん。


参加された皆さんは、その綺麗なお姿に感動していました。

多摩らいふ倶楽部では、毎月「多摩のあゆみ」に関するイベントを企画しております。
皆さまのご参加をお待ちしております。






1月12日(木)、地元ガイドと歩く 初春の東伏見稲荷神社界隈を散策~氷川神社や下野谷遺跡公園などを巡る~のイベントを開催しました。

講師は、西東京市文化財保護審議会委員 近辻喜一さん。

当日は、晴天に恵まれ初春の陽光を浴びながら、西東京市東伏見稲荷神社界隈の古代から近現代までの歴史をテーマに散策しました。氷川神社、下野谷遺跡公園、東伏見稲荷神社、都立東伏見公園などを巡り、柳沢公民館までゆっくり散策しました。

氷川神社と国指定史跡の下野谷遺跡公園
 

昭和4年(1929)京都伏見稲荷大社から分祀された東伏見稲荷神社と千本鳥居
 

柳沢公民館に展示されている250kg爆弾の破片


参加されたみなさんは、講師の説明を聞きながら、熱心にメモや写真をとっていました。

今後も、皆さまに喜んでいただける企画を開催していきます。
皆さまの参加をお待ちしております。




立川の無門庵で12月24日のクリスマスイブと25日クリスマスの日に多摩らいふ倶楽部会員様限定の「篠笛と箏のクリスマスコンサート」を開催しました。


テーブルセッティングはこちら。

グラスに赤いリボンをつけてお洒落しました。
かわいらしい星型のコースター2枚は先生からのプレゼントです。

演奏者は箏演奏者の金子 展寛さんと篠笛フルート奏者 芝 有維さんです。
ご案内は、Locah Tea Japan代表 指田千歳先生です。


はじめにウェルカムティーのダックティーのシルバーシードルを召し上がっていただきました。
このお茶は、世界緑茶コンテストで金賞を受賞したものです。
そして、冷たいダージリンファーストフラッシュで乾杯。
そのあとは、お食事。 この日の多摩らいふ倶楽部コンサートのためだけに無門庵さんに作っていただきました。

お食事のお茶は凍頂烏龍茶。そしてデザート。お供は、ダックティーブラックフュージョン。
色々なお茶の説明も指田先生がしていただき、皆さん、とっても真剣に聞いていらっしゃいました。

お待ちかねのコンサートのはじまりです。
クリスマスの曲や、冬の曲を篠笛、フルート、箏で演奏していただきました。

アンコールには、かわいらしいサンタの格好したフルートで。


皆さん、ご存知の曲の歌は楽器と一緒に大きな声で唄い、楽しい時間を過ごしました。

*指田 千歳さんのホームページこちら☆☆☆






毎月行っている昭島にあるフォレストイン・昭和館での趣味講座。
今月は12月15日(木)に、「おしゃれなしめ飾りを作ってお正月を華やかに【昭和館の飲み物付き】」のイベントを開催しました。

ホテルの玄関はクリスマス仕様。 
今年は、おしゃれなデザインのクリスマスツリーです。


来年のお正月用に真っ赤なしめ飾りを作りました。


先生は、AFD協会代表校 Leaf Green主宰 田辺 貴優先生と奈良先生です。


材料はこちら。


材料にテーピングをします。
 

テーピングしたものをしめ縄の上にアレンジします。上手にまとめるコツを教えていただきました。


皆さん素敵に出来上がりました。同じ材料でしたがアレンジの仕方で違ったしめ飾りの完成です。
 
 

来年はこのしめ飾りを飾って良い年を迎えられそうですね。

*来年1月開催の多摩らいふ倶楽部のイベントはこちら☆☆☆


12月13日(火)、青梅の沢井にて「小澤酒造の日本酒と柚子エキス入りの化粧水&ジェルづくり【ままごと屋のランチ付き】」のイベントを開催しました。

集合の後は、小澤酒造の酒蔵を見学。ご案内は、笑顔がすてきな小澤酒蔵の福岡さんです。

杉玉(酒林)は新種ができたことを印すために吊るされます。



 

古酒がたくさん。
蔵守というお酒を寝かしています。古くなればなるほど黄色っぽくとろっとしてくるそうです。



小澤酒造のお酒の仕込み水、湧き水もみることができます。

4斗樽に小澤酒造さんのトレードマークのさわがにが描いてあるのは、
清流にしか住まないという意味で、かにが住める程綺麗な水でお酒を作っていますという意味だそうです。


次はままごと屋さんでの化粧水&ジェルづくり。
 


昭島の㈱ローザ化粧料の専務 角屋由華さんに教えていただきました。
ヒアルロン酸、コラーゲン、プラセンタ、ビタミンCなど色々なエッセンスをふんだんに入れ、たっぷりのお酒をいれて作ります。
お酒は美容効果に優れているといわれています。

そして、おまちかねの多摩らいふ倶楽部特別ランチでお腹いっぱい!
しぼりたてのお酒も頂いて、柚子もお持ち帰り。とてもお得な講習会でした。

12月7日(水)、「地元ガイドと歩く 晩秋の薬師池公園と野津田薬師堂」のイベントを開催しました。
ガイドは、一般社団法人町田市観光コンベンション協会 安藤雅子さん。
紅葉を楽しみながら、薬師池公園、野津田薬師堂、まちだ育成会こころみ、ふるさと農具館などを巡りました。

紅葉の薬師池と国指定重要有形文化財の旧永井家住宅。


野津田薬師堂とこころみの原木しいたけ栽培の様子。


ガイドさんによる、地図やイラストを示しながらの説明。


参加された皆さんは、ガイドさんの説明を聞きながら、熱心にメモや写真をとっていました。
肌寒い気候でしたが、皆さん元気に散策していました。

今後も、皆さまに喜んでいただける企画を開催していきます。
皆さまの参加をお待ちしております。





12月3日(土)、多摩らいふ倶楽部主催の“遊学塾”「晩秋の小金井 滄浪泉園と湧水の道を巡る」を開催しました。

ガイドは、小金井市観光協会 まちなか案内人の方々です。
今回は湧水をテーマに武蔵小金井駅南口界隈を散策しました。滄浪泉園、貫井神社、野川沿いを歩き、質屋坂を上って、最後に六地蔵のめぐみ黄金の水まで、ゆっくりと歩きました。

滄浪泉園内を散策         滄浪泉園の水琴窟
  

貫井神社の紅葉           野川沿いを散策
  

前原坂上の六地蔵          地下100メートルより汲み上げる黄金の水
  

小春日和のような晴天に恵まれ、参加された皆さんは心地よい汗をかいていました。
最後に、六地蔵の恵み「黄金の水」の口当たりの良い水で喉を潤しました。

今後も、皆さまに喜んでいただける企画を開催していきます。
皆さまの参加をお待ちしております。




11月30日(水)、日野市・たましん連携特別企画 「新選組のふるさと日野~土方歳三ゆかりの地を歩く~」 のイベントを実施しました。

多摩モノレール万願寺駅をスタートし高幡不動尊金剛寺まで、日野新選組ガイドの会、岡田美惠子さんのガイドのもと土方歳三ゆかりの地を歩きます。

最初に立ち寄ったのは、土方歳三資料館。開館日ではない日に特別に公開してもらい、館長の土方愛さんから丁寧な説明をしていただきました。
 

資料館のあとは、歳三が幼少のころ遊んだといわれる“とうかん森”、お墓のある愛宕山地蔵院石田寺を巡ります。
  

高幡不動尊まで行く途中には、用水路が張り巡らされている日野市のなかでも景色が美しく自然と触れ合える向島用水を通りました。


そして最後に高幡不動尊へ。こちらではお寺のご住職から説明をいただきました。紅葉が残る境内を一通り案内いただき、
  

最後に、特別企画の目玉として、五重塔に登らせていただきました。五重塔の上からの景色は普段見ることがなくとても感動的な景色でした。参加されて皆さまもここぞとばかりに写真を撮っていました。


日野市とたましんとの連携により生まれたこのイベント、普段は見学できないところも行くことができ、参加された皆さん、とても喜んでいらっしゃいました。








11月18日(金) 多摩のあゆみ講座 多摩地区の文化財を巡る②
        ~瑞穂町青梅街道沿いにある古社寺~のイベントを開催しました。

講師は、瑞穂町郷土資料館 滝澤福一さん。

臨済宗建長寺派の圓福寺と如意輪観堂内の如意輪観世音像
  

吉野嶽地蔵堂と御嶽神社の本殿
  

石畑下組の氏神神明神社と阿弥陀如来像
  

臨済宗建長寺派の福正寺の観音堂とイロハモミジの紅葉
  

爽やかな秋晴れのなか、参加された皆さんは、熱心に写真やメモを取りながら散策していました。
吉野嶽地蔵堂や御嶽神社、阿弥陀堂では、地区の役員さんにより扉を開錠いただき、本尊を拝見いたしました。

多摩らいふ倶楽部では、毎月「多摩のあゆみ」に関するイベントを企画しております。
皆さまのご参加をお待ちしております。










PageTop